某研修施設(スクール)での打ち合わせ

某研修施設(スクール)にて、Webの他に作業手順の動画作成を手伝わせていただいており、その中でWebを使った動画コンテンツサービスのご相談をいただいております。

この案件は、内容的にあまり個人向けではないので対企業となります。
お客様となる企業様を会員登録させていただき、その情報をもとに「テキスト&動画」のコンテンツを提供するサービスを思案中です。

研修ビデオは進んでいるものの、それに合わせるテキスト(マニュアル)は未作成ですので、それらをトータルで含めたコンテンツの作成をご提案させていただきました。

また、実務的な内容も併せてお話しさせていただいており、出来る限りのお手伝いをさせて頂こうと思っています。




air-ism では、写真・動画・デザイン以外に、Webコンテンツなどを使用した企業様をサポートできる事は可能な限りお手伝いさせていただいております。

小規模ゆえ、ニーズに合わせたものを一つずつ作成いたします。
何かお困りごとや新企画などございましたら、ぜひ一度ご相談ください。

保育園卒園式のビデオ撮影セッティング

今週末に行われる保育園卒園式の機材セッティングに行ってきました。

固定・ハンディ含めてビデオカメラ4台+先方所有の1台を設置&確認。
とはいえ、セキュリティの都合でカメラは一旦持ち帰りました。

保護者の方々には陰になって見えないシーンをリアルタイムでモニターへ映し出したり、園児の声をPAスピーカーから出したりするため、他にも色々セッティングを実施。

また、今回は園児と先生方のお別れ&ごあいさつのシーンや、ご両親との親睦シーン撮影にOSMO+も導入予定です。
さすがにドローンを飛ばすわけにはいきませんが。

カメラが増えると後の編集も大変にはなるのですが、撮り損ねるわけにはいきませんのでセッティング&チェックは重要です。

卒園式当日は天気も良さそうです。
問題は花粉症だけです…


贅沢すぎる素材撮影、スタインウェイ コンサートグランド D274

今回、フライヤー用に撮影した素材は、なんとも贅沢な Steinway & Sons のフルコン D274。

白い背景紙を使って自由に撮影。

ピアノが大きすぎて、通常使っている背景紙では端から端まで届きません。
が、撮影のイメージは決まっているので、通常の背景紙を使用。

他でも使用できそうな素材も色々撮影。
D274をここまで好き勝手に撮影できる機会もそんなにある事ではないかなと…

今回のフライヤー以外でもピアノ関連のフライヤー作成時に使いたいと思います。


大きな白ホリのスタジオで自由に撮ってみたい、演奏者の有無バージョンも含めて。。。

夜のフライヤー用写真撮影

21時半からのフライヤー用写真撮影です。
といっても夜景撮影ではありません。
期限との兼ね合いと、撮影場所の空き時間の都合です。

air-ismは営業時間が有って無いようなものなので、夜中の打ち合わせや夜間撮影も対応可能です。


夜の撮影は外光が入らず、場所や撮影内容によっては良いことも色々あります。
場合によって、こちらから夜間撮影をお願いすることもあります。

午後21時、背景紙や照明などの機材を持って出発です。



き急な証明写真・プロフィール用写真が必要な時、まずはお問い合わせくださいき
夜間でも撮影対応いたします。
データでのお渡し、あるいはインクジェットプリンタによるプリント可能です。
■ホームページアドレス http://air-ism.com/

※白背景、バストアップのみとなります。
※お急ぎの場合は修正加工などは対応できません。
※撮影対応できない場合もございます。

ウエディング写真セレクト&仕上げ



先日のウエディング撮影データのセレクト&仕上げ中。

窓が大きく外光がたっぷり入るチャペルが素敵。
外での集合写真やフラワーシャワーならぬリボンシャワーも良い感じです。
結婚式の撮影は天気の影響が大きいですね。

そうそう、会場のスタッフさんからも数枚依頼を受けているので、それも準備しなければ…


フルートデュオ コンサートフライヤー

素材撮影はウチではないのですが、急きょフルートデュオコンサートのフライヤーを作成することになりました。
少々突貫工事な感も否めませんが…



かなり前から知っているのですが、全日本学生音楽コンクールで2年連続1位。
ほんとにスゴイです。。。

この写真は数年前に撮影したもので、今回のコンサートやフライヤーとは全く関係ありません。

「箏」「琴」「事」 箏コンサートフライヤー作成中

フライヤー表紙用の写真&演奏者プロフィールの撮影も含めて、箏コンサートのフライヤーデザインをさせていただいております。
フライヤー表紙用もプロフィール用もこちらのスタジオ撮影でしたので、方向性の打ち合わせやセレクトなどは調子よく行きました。

しかし…

「箏」という漢字が正しいのですが、変換すると最初に「琴」という漢字が。

また、作業は普段から使っているPCなので、メールや文章作成も行います。
その時に困るのが、例えば「…ということで」を変換すると「…という箏で」になってしまうのです。

通常は「ことえり」を使っているのですが、ご存じのように賢いIM(FEP)では無いので。。。
(この状況はWindowsでも同じでした)
本来は文脈によって漢字を選択するシステムだと思うんですけどね…

デザインで使ったりメールで使ったりと、毎回のように漢字を選択し直すので、当然のように(?)間違いが起きてしまい…
お客様には文章添削でご迷惑をかけてしまいました、すみません。。。最後に一括変換すればよかった…

PETROF ピアノ バナースタンドデザイン

PETROF ピアノの展示用バナーデザインで苦戦。

というのも、バナーサイズが850x2100なんですが、そのサイズに対応した大きな写真が少なく…苦肉の策で作成した一案がコレ。

とはいっても、NGデザインです。

このブログの白背景では、白ベースのこのレイアウトはわかりにくいですね。。。
じゃぁ枠を作れよ、とも思いますが…まぁ今回はこのままで。

この他に、個人的に作りたいレイアウト案を出したところ、PETROF PIANOへ依頼をしていただき、大きな画像を入手する事ができました。
PETROF のロゴも新しくなってました…

最終的に決まったものは別物で、許可をいただければ掲載させていただこうと思っています。


NGとはいえ、個人的にこういうレイアウトは好きです。。。