コンサートフライヤー、6P(A4三つ折り)パンフレット、A4パンフレット、DM制作中

ピアノコンサートフライヤー、支援グループの6Pパンフレット&A4フライヤー、そして、写真撮影まで対応させていただき、デザイン重視で写真を使用したDMも作成させていただいております。

並行してDVD販売用のパッケージデザイン(A4三つ折り、6ページ版)も制作中です。

 

ここ最近は撮影に出かけるより事務所での打ち合わせやデザイン作業が多くなっています。

少し落ち着いたら動画編集を始めなければ。。。しばらくデスクワークが続きそうです。

 

周年記念バナーのデザイン

今年70周年を迎えるお客様の記念バナーのデザインを作成しており、打ち合わせに伺ってきました。

制作するバナーはロールアップ式のバナーで、普段は会社の応接室やサンプル展示室・展示会などのイベントでも活躍しそうです。

サイズは600x1800。

今回のデザイン、写真は使わずにロゴや背景画レイアウトのデザインとなります。

 

 

変更が有るかと思いますが、現状はこんな感じのデザインです。

某支援グループの6Pパンフレット&フライヤー

昨年作成させていただいたフライヤーと6Pパンフレットの刷新に取り掛かっています。

 

社会問題として取り上げられつつも、まだまだ支援体制の整っていない現状に立ち上がった方。

発足後1〜2年程度にもかかわらず、昨年は様々なメディアにも取り上げられお忙しい日々を送られているそうです。

 

Webに関してもサポートさせていただく事になりそうです。

具体的に参加させていただきお手伝いさせていただくわけではありませんが、お手伝いさせて頂ける事に関してはサポートさせていただければと思っています。

 

http://air-ism.com

年明けはロゴデザインとウエディング写真の仕上げから

年明けの作業はロゴのデザインと年末に撮影したウエディング写真の仕上げです。

CanonのRAW現像ソフトDPPは使い慣れているのですが、SONY用のRAW現像ソフトImaging Edgeはどうも慣れません。

今はCapture OneかLightroomを使っていますが、SILKYPIXも試してみようと思っています。

SONY用に手早く大量のRAW現像を行いやすいソフトを探そうと思います。

1400x900サイズの製品写真パネル作成

この度、お客様の応接室に飾る大きめパネルを作成いたしました。

お客様の開発製品で、使用した写真は現地にて撮影させていただいた物です。

 

この度、新たに発表された SONY α7 R3 を手配しております。

4000万画素を超える高画素モデルです。

実務導入はいくつかテストを行ってからの年末〜年明けからになると思いますが…

印刷機器の高性能化に伴い、大きなパネルやポスターも今まで以上に綺麗に再現できるのではないかと期待しております。

 

イベントのDM、ポスター、フライヤー、Web広告のご依頼をいただきました

お世話になっているクライアント様より、イベントのDM、ポスター、フライヤー、Web広告のご依頼をいただきました。

そのなかで、DMの料金別納表示などに関しまして少々…

 

郵便局のサイトなどに以下の説明画像が有ります。

 

 

今回は写真やイベント内容なども記載したDMですので、右から2つ目の丸パターンで作成しました。

ピンクの下半分が企業ロゴなどを記載するエリアになります。

基本的にモノトーンが多いのですが、カラーでも問題ありません。

ただ、品の無い激しいデザインは却下されるかも?という話ですが…企業ロゴでしたら問題無いでしょう。

 

今回気になる個所が有ったので、デザイン作成の時点で郵便局に確認したところ、料金別納郵便の直上にある線は不要との事でした。

つまり、○の真ん中に横線が一本で、上部に「料金別納郵便」、下部に「企業ロゴデザイン」のみでOKとのことです。

 

そして…はがきのあて名面に発送者の住所・企業名などを明記すること、つまり送付先不明で戻ってくる住所(発送者)が分かりやすく記載することと、上部中央に「郵便はがき」あるいは「post card」の記載をお忘れなく。

 

様々なパネル製作

現在、企業様からパネルのご依頼をいただいております。

以前は展示会用のパネルなどを作成しておりましたが、今回は「写真入りの組織表」や「会社理念」の提示パネル、応接室に掲載する「自社製品の紹介パネル」を作成しております。

 

写真も本業ですので、写真入りの組織表で使用する社員さん方の撮影にもお伺いいたしました。

もちろん自社製品の製品撮影も行っております。

 

使用するパネルに関しましては、用途に合わせてアルミ貼り合わせのパネルと、スチロールベースに光沢用紙を張り付けるタイプを使い分けております。

 

 

アルミ貼り合わせのパネルはソリも起きにくく長期使用に向いているのですが、サイズによってはなかなかの重さになります。

事務所内などへの掲載にはスチロールベースのパネルが軽くてお勧めです。

 

コンサートフライヤーやプログラム、チケットなど

昨今作成させていただいているのは、コンサートフライヤー、チケット、プログラムです。

もちろん撮影を含んだ対応をさせていただいておりますが、写真をご提供いただく場合もございます。

 

素材撮影をこちらで行わせていただく場合は作成予定のレイアウトに合わせて撮影を行いますが、写真をご提供いただく場合はご提供いただいた写真にあわせてデザインをする必要があります。

ですので、宣材写真などをメインにする場合は抜き作業を行う場合が多くなります。

 

フライヤー作成に関しましては、個人的にはコンサートやライブに合わせて背景ごと撮影することがベストと思っています。

 

とはいえ、コンサートやライブのフライヤー作成の都度撮影すると費用が…と思われるかと。

フライヤー作成までこちらで一通り請け負わせていただけるのでしたら、金額を含め可能な限りご希望に添いたいと思っております。

 

撮影のみ、デザインまで、印刷まで、フライヤーの手配も色々ございますが、まずはご相談ください。