一日中スタジオにて

雨なので、という訳ではありませんが、外出せずにスタジオにこもってます。

係り続けている研修ビデオの原稿&構成作成をしつつ、サイズ違いのポスターレイアウト。

そして今夜は卒園式ソングに合わせたプロモーションビデオの編集です。

 

空撮を機に、今さらながら twitter、facebook、instagram と始めましたが、分からないことが沢山…

皆さんにご迷惑をおかけしていないか不安ですが…

これからも、よろしくお願いいたします。

 

原稿作成中に、かわいいご依頼(名刺用住所シール)

セミナービデオの原稿作成で悩み中、かわいいご依頼をいただきました。
引っ越しをしたという事で、お使いになっている名刺の住所の上に新しい住所のシールを貼りたいとの事。

名刺はこちらで作成したものではないので、サイズを知るために現物を確認させていただきました。
使われているフォントも業準的なフォントでしたので、何とかなりそうです。

ここで、用紙に悩みます。
修正用となると、粘着面がグレーになった透け防止の用紙が多いのですが、切断面最下部にほんの少しグレーが見えてしまう場合があります。
普通の上質紙にするかで悩まれてました。

後はサイズに合わせて文字をレイアウト。
印刷業者からの直送になりますので、少々お時間をいただきます。


ちょっとしたお悩みでも、ご相談いただければ対応できることもたくさんあります。
写真・ビデオ・デザイン以外でも、何かお困りのことがございましたら、まずはご相談下さい。

コンサートフライヤー完成、そしてビデオ編集、そのあとは…

今回フライヤーを作らせていただいた方は、東京音楽大学ピアノ演奏家コースを首席で卒業し、ショパンコンクールにまで出場しているという、なんともすごい経歴の持ち主。
よく見るフライヤーとはちょっと違った感じのデザインで作成させていただきました。

次は新製品の紹介用(営業用)プロモーションビデオの仕上げ。
ベースは出来ているので、順調に作業は進んでいます。
あとはクライアントのOKがいただければ、という感じですね。

さて、その次です。
既に何度かセミナーをされているのですが、そのセミナーをインターネット配信できないかというご相談。
なにより、配信用のセミナー動画を作成しなければなりません。
とはいえ、現在行われているセミナーには原稿というものが無く…現在のセミナーを見直しつつテキストを起こし、それを基にネット配信用セミナー原稿の作成となります。
ネット配信セミナーは別の人が出演するので、内容の理解も必要です。

その原稿ができた後は、画面に表示するテロップや画像などの作成です。

なによりビデオの見直しと、原稿作成を急がなければ。。。

ピアノコンサートフライヤーで悩み中

ベースとなるデザインは決まっているのですが、演奏曲の表示をどうするかで悩んでいます。
一つの案として、あえて読みやすい日本語表示を無くして全て英語表記に。
「演奏曲目」という感じではなく、デザインの一部になるように思案中です。
といいつつ、結局、元のデザインに落ち着きそうな気もしていますが…さて、仕上がりはどっちになるでしょう?

さて、次のピアノコンサートフライヤーのデザインも考えなければ。。。


そういえば、期限ぎりぎりで入稿&直送したフライヤー&チケットは大丈夫だったのだろうか?
お客様のご依頼で、安価なネット印刷を使ったのですが、ここは出来上がりサンプルをこちらに送ってくれないので確認できません。
このネット印刷業者、過去に印刷不良を起こした事もあるので少々心配です。
不具合には即日対応してくれたものの、直送の場合、最初の確認がお客様ご自身になってしまうので…

次回は多少値段が高くなっても、確認の取れる印刷業者を使わせてください…

今さら今年の年賀状

今さらですが… 2017年 酉年 年賀状です。

ひょんなことから、友人と今年の年賀状の話になりました。

そんなわけで…air-ism 2017年の年賀状です。


ハガキサイズのフライヤーやDMも作成します。
持ち運びに便利なハガキサイズのフライヤーは http://air-ism.com までご相談ください!




コンサートチケットのデザインしながら研修ビデオの原稿作成中

どちらもゼロからならまとまらないと思ういますが、チケットは仕上げに近い状態なので何とか並行作業。

研修ビデオの原稿は、元原稿作成者の意図をナレーションに置き換えて分かりやすくしなければなりません。
しかし、専門用語も多いので、自分自身の解釈のみで完結させる訳にもいかず…難しいところです。

フルートデュオ コンサートフライヤー

素材撮影はウチではないのですが、急きょフルートデュオコンサートのフライヤーを作成することになりました。
少々突貫工事な感も否めませんが…



かなり前から知っているのですが、全日本学生音楽コンクールで2年連続1位。
ほんとにスゴイです。。。

この写真は数年前に撮影したもので、今回のコンサートやフライヤーとは全く関係ありません。

「箏」「琴」「事」 箏コンサートフライヤー作成中

フライヤー表紙用の写真&演奏者プロフィールの撮影も含めて、箏コンサートのフライヤーデザインをさせていただいております。
フライヤー表紙用もプロフィール用もこちらのスタジオ撮影でしたので、方向性の打ち合わせやセレクトなどは調子よく行きました。

しかし…

「箏」という漢字が正しいのですが、変換すると最初に「琴」という漢字が。

また、作業は普段から使っているPCなので、メールや文章作成も行います。
その時に困るのが、例えば「…ということで」を変換すると「…という箏で」になってしまうのです。

通常は「ことえり」を使っているのですが、ご存じのように賢いIM(FEP)では無いので。。。
(この状況はWindowsでも同じでした)
本来は文脈によって漢字を選択するシステムだと思うんですけどね…

デザインで使ったりメールで使ったりと、毎回のように漢字を選択し直すので、当然のように(?)間違いが起きてしまい…
お客様には文章添削でご迷惑をかけてしまいました、すみません。。。最後に一括変換すればよかった…